抜けた歯を治す(入れ歯・ブリッジ・インプラント)

歯が抜けると他の歯にも影響する

前歯が抜けたときは、見た目のことを気にしてすぐに治療をする方が多いです。これに対し奥歯が抜けたときは、見た目がそこまで気にならないので、残念ながらすぐに治療しない方が多いのが実情です。

 

しかし歯が1本抜けると、隣の歯が横に少しずつ倒れてきてしまいます。そうすると、そのさらに横の歯も倒れて…と影響が連鎖的に広がっていくのです。

 

また、奥歯が1本抜けただけでも、噛む力は約半分にまで落ちると言われています。きちんと噛めないと、消化器官に負担がかかったり、栄養の吸収が悪くなったりします。

 

歯が抜けてしまったときは、必ずすぐに新しい歯を入れるようにしましょう。新しい歯を入れる方法には、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」があります。

入れ歯

メリット

入れ歯は、歯が抜けた場合の最も一般的な方法です。治療が簡単で、保険も適用されます。
(一部、保険適用外のものもありますが、事前に必ずご説明します)

デメリット

歯肉で入れ歯を支えるため、元々の歯と比べて2割程度の力しか入れることができません。そのため、固いものを食べるときには気になります。また、毎日の入れ歯の手入れが欠かせません。

入れ歯の種類

保険治療内の入れ歯は、金属のバネが付いたタイプです。

保険適用外では、審美性・機能性の高い入れ歯もあります。
(例)金属のバネが外から見えず、目立たない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

ブリッジ

メリット

両側の隣の歯を支えにして、新しい歯を固定します。入れ歯よりも支えがしっかりしているので固いものも噛みやすく、自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。保険も適用されます。
(一部、保険適用外のものもありますが、事前に必ずご説明します)

デメリット

ブリッジを乗せるために、支えにする両側の歯を削る必要があります。また、支える歯はブリッジの負担がかかり、寿命が短くなります。装着後は発音しにくくなる場合があります。

インプラント

メリット

歯がなくなったところに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせます。歯根が骨でしっかりと支えられているため、自分の歯とほとんど同じように噛めます。見た目も良く、治療した歯だと分からないくらいの仕上がりです。

デメリット

保険適用外で全額自己負担となります。
(1本あたり約30万円~)

インプラント治療の流れ

1. レントゲンなどによって歯や骨の診断を行います。

 

2. 治療計画を立て、治療の内容・費用・期間などを説明させて頂きます。もし不安な点や分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

3. 患者さんにきちんと納得して頂いたうえで、治療をスタートします。まずは歯が抜けた場所に人工歯根(インプラント)を入れます。

 

4. 人工歯根が骨にしっかりと固定されるまで、2~4か月程度待ちます。

 

5. 人工歯根の上に人工の歯をかぶせます。

 

6. 治療が完了すると、自分の歯と同じように食事や会話を楽しんで頂けます。毎日の歯みがきや、半年に一度の定期健診を欠かさないようにしましょう。

インプラントをもっと知ろう

インプラントの素材 インプラントは、身体への影響が少ない金属であるチタンでできています。チタンはインプラント以外にも、人工関節などさまざまな分野で使用されています。
インプラント治療を受けられる人 骨の成長がほぼ終了する16歳頃から治療を受けることができます。ただし、顎の骨の状態によっては受けられない方もいます。また、心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の人などは受けられない場合があります。
インプラント治療の痛み 局所麻酔下で手術を行いますので、ほとんど痛みはありません。
インプラント手術の時間 インプラントを埋め込む手術の時間は約30~60分です。
インプラントの手入れ 入れ歯のように外れるものではありませんので、特別な手入れは必要ありません。ただし、歯みがきはきちんと行ってください。また、半年に一度は定期検診を受けて状態を確認しましょう。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、伊東歯科までまずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_045-453-1128.png
staff staff blog